拾壱・ビッグストーンCOOの野村です。

2018年10月24日(水)東京ミッドタウン日比谷で開催された「OPEN 異能(inno)vation 2018」に弊社CEO大石・COO野村が出席いたしました。

残念ながら大賞を頂くことは出来ませんでしたが、10440件の応募の中から、破壊とアワード両部門(2つ)頂くことができ、非常に光栄に思います。

本プロジェクトで弊社は
破壊的な挑戦部門 ファイナリスト
ジェネレーションアワード部門 ノミネート
となりました。

破壊的な挑戦部門では、他チームの研究発表を通して、様々な分野の最先端を知り、シナジーの可能性を感じました。
残念ながら本年度はファイナリストで終わってしまいましたが、次回の異能だけでなく、新しい可能性を追求していきたいと思います。

ジェネレーションアワード部門では、以前お話しさせて頂いた多くの皆様も受賞されており、新たな交流の場として活用させていただきました。
また、高須クリニックの高須先生、トリップアドバイザー日本代表牧野さん、Ruby開発者のゆきひろさんを始め、多くの皆様に技術の紹介をさせていただきました。

今後も参考にしつつ、もちろん負けず、「技術で世界に+1」できるよう邁進させていただきます。

今後も多くの皆様に支えられ、研究を・ロボットの栄える可能性を加速させていきます。
ご指導ご声援宜しくお願い致します。

この場をお借りして、武蔵野大学の池田眞朗先生、角川アスキー総研の有馬さんに御礼申し上げます。サポートありがとうございました。

関連URL:異能(Inno)vation