拾壱・ビッグストーンは、2018年11月28日付けで法人化し、「拾壱・ビッグストーン株式会社」として始動致します!
教員に頼らず、20歳の高専生と大学生だけで法人化しました!

法務局との連絡関連で報告が遅くなりましたが、無事に登記が完了したという連絡を頂き、正式に株式会社となりました。
社長大石の「サイクロイド減速機」特許技術と副社長野村の財務・法務知識を活用し、より世界に「+1」できる研究をより加速して参ります。

忘れない、2014年4月。長岡高専入学式3日後、妙高高原での合宿研修で「ベンチャーの相方を探したい」野村と「技術でより便利な社会を目指したい」大石が出会い、そのまま5年間なんとか無事にやってこれました。

あの時の出会いが、自分達の人生を左右するものだとは誰も思っていなかったと思います。

誰もが「会社なんて作れない」「どうせ無理」と思っていたと思います。大石野村も喧嘩したことが多々あります。クラスメイトに足を引っ張られたことだってあります。対人ストレスで倒れたこともあります。研究資金に困ってご飯を食べれなかったこともあります。

それでもここまでやってこれたのは、多くの皆様との出会いのお陰だと思っています。名前を挙げればキリがないですが、この場をお借りして御礼申し上げます。優しく相談に乗ってくれた友人、厳しく現実の恐ろしさを教えてくれた先輩、様々なきっかけを用意してくれた多くの方に、深く感謝いたします。

おそらく、これからも多くの壁が待っていると思います。特にハードウェア・リアルテック分野という「起業してはならない」と言われている分野で、学生たちが研究をしながら進むベンチャーは恐ろしいと思います。
それでも、やりたいことを通して、世界発展に貢献できればと思っております!

これまでも、これからも皆様のご指導とご声援、ご協力でより前に進めさせていただければと思います。今後とも宜しくお願い致します。

2018年12月14日 拾壱・ビッグストーン株式会社
取締役副社長COO兼CLO 野村泰暉